バナー  http://naokisika.jp  03-5389-5386
本文へジャンプ 更新日2006年2月16日 

歯ブラシの話4


歯ブラシの寿命
 またまたホウキを連想して下さい。
ホウキは長いこと使っていると毛先が曲がってしまいますよね?
そんなもので部屋を掃いてもやりにくいばっかりで、きれいになりません。
新品のホウキより力も要ります。毛の腹の部分しか床にあたりません。
毛先の開いた歯ブラシも全くいっしょです。
かえって汚れをおしこんでしまいます。

歯ブラシの交換サイクルは通常1ヶ月
 効果的に歯ブラシをするためには、
毛先が開いてきたらすぐ交換し、新しいものを使用して下さい。
適正な力で歯ブラシをしている場合1ヶ月程度は使用できるはずです。
1〜2週間で開いてしまうという場合は、
ブラシをする力が強すぎると思われます。

歯ブラシに副作用!?
 前のページにもあるように歯や歯肉が削れ、失われていくことが最大の副作用です。
そのためにも正しい歯ブラシのやり方をマスターしたいものです。
歯が削れていくスピードが早い場合、歯ブラシを当てると歯がチクチクしたり、冷たいものがしみたりする
知覚過敏症の状態になる場合があります。
また、歯肉はいつも表層が削られると、モコモコしたいじけた歯肉になり、ひどい場合には歯の根が大幅に露出します。